ワクワクメールでS女と出会ってセックスした体験談

こんにちは、最近はワクワクメールもほとんどログインせずにお付き合いしている人妻さんとあっているだけの真人です。

コロナの事もあって、それほど頻繁には会ってないので少々たまり気味ではありますが(笑)。

早くコロナの対策ができることを願ってブログを書いています。

では、今回のワクワクメールで出会った女性、なぜかSの女性からアプローチをもらっちゃったんですよね。

僕がM男ではないですよ(笑)。

れっきとしたSです、やさしいSですけどね。

30歳大阪北部にすむ主婦、あつこちゃん(S女)との出会い

出会い系サイトでエッチな日記を書いているとエッチに抵抗のない女性からたまにメールが来ます。

殆どの女性は興味があるのだけど、連絡するまでもない女性ばかりだと思いますが、実際にはエッチなんですよ。

女性の方が(笑)。

女性のエッチに比べたら、男性のエッチ度なんて数分の一(笑)。

その想像や妄想を引き出してあげるのが男性のエッチ日記なんです。

まあ、前置きはここまで。

今回の紹介する出会いはセックスするまではわからなかったS女性、あつこちゃん。

結果的には泣かれて終わったという結末なのですが。。。

いつもの待ちパターンで連絡をくれたのがあつこちゃん。

僕の優しい愛撫などに共感してくれてワクワクメールでメッセージをくれたのが始まり。

その後は写真交換したり、ラインでお話したりトントン拍子にことが運んでいきます。

雰囲気は可愛い感じだけど、普通の主婦って感じの女性。

スタイルも太くもなく痩せているわけでもなく、至って普通の女性でした。

今思えば、セックスから会うことになったのですが、彼氏が欲しかったんでしょうね。

でも、彼氏と言えどもセックスは妥協しないって感じだったのでしょう。

日曜の晩にシティホテルで待ち合わせ

普通の主婦の割に意外に自由に時間が取れるあつこちゃんだったので、待ち合わせは日曜日の夕方に。

僕はシティホテルにチェックシンして、あつこちゃんとロビーで待ち合わせします。

(日曜のシティホテルって安くお得に宿泊できるんですよ^^)

喫茶店で待ち合わせして部屋に直行します。

電話では何回も話をしていたので、楽しくお部屋でコーヒーを飲みながら談笑することしばし。

一応主婦なので深夜になる前に帰りたいと言っていたので、あつこちゃんの方からシャワーを浴びに行きます。

それまでは結構ラブラブな雰囲気もありましたね(笑)。

ベッドイン

僕も後からシャワーを浴びて、あつこちゃんに襲いかかります(うそです)。

やさしくキスをして愛撫をして感じてもらえるように気をつけて全身をマッサージしていきます。

あつこちゃんも僕のことを気に入ってくれてるのが分かる感じで同じように僕の大事なところを撫でてくれていました。

全身の愛撫が終わって、舌での愛撫を上半身から下半身に、そしてクンニに移ろうとした時に「真人さんも気持ちよくなってほしい」とあつこちゃんに愛撫の主導権が移ってしまいます。

ここから違和感を感じ始めていたのですが。

僕はされるがままに、フェラチオを味わいます。

結構長い時間のフェラチオでしたね。

でも、後から考えるとクンニされるのが嫌だったのかもしれません。

女性の喘ぎ声がないS女とのセックス初体験(笑)

僕としてはほとんどオマンコを舐めることなく、しようとすると逃げられる感じがありありのセックス。

どっちかというと女性ってクンニされるのが好きな人が多い。

というかクンニが嫌いな女性ってそうそういないですよね。

ところが今回記事にしているあつこちゃんはクンニが嫌い。

そんなぎこちないセックスとなるのでした。

しびれを切らした僕はおちんちんで気持ちよくなってもらおうと、挿入に入ります。

最初は後から思うと当然なんですが、騎乗位から。

あつこちゃんが自然に希望したセックスの体位でした。

その頃には僕はもうセックスというよりも頭が冷めてしまって、はやく終わりたいって気持ちばかりでした。

最後は嫌がるあつこちゃんを押し倒して正常位で射精して終わりました。

セックスの後のピロートーク

今までの出会いの体験で言うとピロートークっていうと気持ちよかった~っていう愛の確認(笑)。

愛までは行きませんけどね(笑)。

今回はピロー(枕)ではなく、ソファトーク。

申し訳ないと思ったのだけど、はっきりと考えていることを伝えたのでした。

たぶん、あつこちゃんはS女性なので僕のようなS男性とはセックスしてもお互いに楽しめない。

そして今後も会うことはできないと。

あつこちゃんもセックスの最中からわかってくれてたみたいでしたね。

そこで軽く泣かれてしまったのですけどね(汗)。

前回に続いて失敗の出会い体験となりました(笑)。

(実際の出会いは連続ではないです、今回は結構女性と出会いを重ねてベテラン笑になってからの失敗です)

主婦とは言え、僕のことを気に入ってくれていたので性癖(M女性)が合っていれば、楽しいセフレさんになっていたでしょうね^^

相性っていうのか、性癖っていうのか、わかりませんが、これは乗り越えられない出会い体験談でした。

なぜS女性がSの僕に声をかけてくれたのか?

結果的にはセックスして僕はオマンコの中に発射(もちろんゴム中)できたのだけど、通常では考えられないパターンですよね。

Sの女性はM男くんを選ぶと思います。

おそらく僕との出会いの次からはM男くんをあつこちゃんはねらっていると思うのだけど、これは僕に日記に共感してくれたというのが最も大きい要因です。

あとは、電話などでお話していてフィーリングが合ったというのも失敗の原因でもありました。

あつこちゃんが僕に対して恋心を持ってくれていたんですね。

こんな僕も何人も何十人も会うと惚れられることもあるんです(笑)。

ホント確率の問題。

確率が低い僕でもたくさんと会えば、どこかで当たるっていうのが出会いの面白さだと思います。

話を戻します。

僕に対して恋心を会う前から持ってくれていたあつこちゃん。

これでセックスして気持ちよかったら付き合いたいと思ってくれていたのでしょうね。

でも、肝心のセックスではうまく行かなかった。

そもそもの間違いはあつこちゃんの勘違いから始まります。

自分がS女ということを自覚していなかったというのが失敗の元だったのです。

僕の日記を見て、女性を気持ちよくしている僕と共感してくれたのは良いことだったのです。

ただし、S女のあつこちゃんも同じ目線で相手を気持ちよくすることで自分の満足感を得るという性癖だったのですね。

わかりにくいでしょうけど、エッチに対する感覚、愛撫に対する方向性が全く同じだったということなんです。

つまり、両方が相手を気持ちよくさせたいってこと(汗)。

経験がある程度ある女性であれば自分がS女ってわかるのですが、主婦で浮気経験もなかったあつこちゃんだったのが勘違いの始まりでした。

僕も会うまでの会話では普通のMっぽい女性に感じましたし、私生活からSタイプの女性って少ないです。

しかも、私生活がSっぽくてもセックスはMっていう女性がほとんどですからね^^

そういうわけでS男の僕がS女とセックスすることになってしまったのです。

たぶん今頃はかわいいM男くんを探して、エッチを楽しんでいるのかもしれませんね(笑)。

本物のS女もソフトS女も探せばでてくるワクワクメール

出会い系にはいろんな女性がいます。

今回は僕には合わなかったS女性だったのですが、これがノーマルタイプのM男クンだったとしたら、永遠に気持ちよくしてくれる人妻さんとのセックスが楽しめたかもしれません。

そんな出会もワクワクメールにはたくさんできています。

もちろん僕のように普通のS男にはちょいM女性、ドSの男性だったら真性ドMの女性を探せばいるのですね。

実際にニセM男くんが多いので、プロフィールに「ニセのM男はいりません」なんて書いてある女性もいるほどです。

ずる賢く出会ってやっちゃおうっていう男性もいるのでしょうね(汗)。

そういった手口を使わなくても、ドSならドSアピールしながら、どんなドSっぷりかの日記を書いているとそれが好きな女性が集まってきます。

実際にそれでドM女性と出会いまくっている男性もたくさんいます。

必ず需要はあるんですよね^^

ちょっと特殊な性癖で困っているっていう男性も登録して本当の自分を暴露してみませんか?

自分にあっている女性は必ずいますよ。